冬休みは雪山deバイト!

雪山で冬休みのバイトを楽しむにはゲレンデが一番

スキー!スノボ!温泉!冬休みは雪山バイト!

冬を楽しむならゲレンデ

雪山のバイトの定番といえば「スキー場でのバイト」が真っ先に思い浮かぶでしょう。趣味でスキーを楽しんでいる方や北国出身の方などはスキー場がどんな場所でどんな仕事をするかなど思い浮かべる事ができるかもしれません。ここではスキー場ならではの仕事、そしてスキー場で仕事をする事の醍醐味などを紹介したいと思います。

リフト係の仕事

title

スキー場でのバイトはどのような仕事があるのでしょうか。「リフト係」はスキー場ならではの仕事だと思います。スキー場のリフトはホテルやスキー場の入口から山の上のゲレンデまでスキー客を運ぶ乗り物です。一人乗りの小さなものから10人ほど乗れるようなゴンドラのようなものまで種類があります。リフトはスキー客の後ろから流れてきますのでタイミングを合わせて座る必要があります。リフト係の人はその補助をします。
スキーの初心者はリフトに座るのも難しく、リフト乗り場で転んでしまう事もあります。その場合は危険防止のためにリフトの停止ボタンを押して、転んだスキー客を立ち上がらせてリフトに座らせてあげる必要があります。またリフト利用チケットの確認や回収などの仕事もリフト係の仕事です。

インストラクターの仕事

スキー場のバイトならではの仕事の中に「スキーインストラクター」の仕事もあります。子どものころからスキーをしている人、大学のスキー部に入っている人などスキーが上手な事がこの仕事をする条件です。まったく滑ることができない初心者に教えるケースが多く、スキー靴の履き方とスキー板への接続の仕方や斜面の上り方など初歩的な事から教え始めます。
リフトを使わずにある程度の斜面を登れるようになったらボーゲンという簡単な滑り方を教えます。ゆるやかな斜面をゆっくりと蛇行して滑れるようになったらブレーキの掛け方を教えます。どんなにスピードを出して滑ってもブレーキさえきちんと掛けられれば危険が減りますので特にこのブレーキの掛け方についてはきちんと教えましょう。生徒は子どもから大人まで様々ですが、人に教えることが好きな人やスキーが上手な人におすすめの仕事です。

スキー場のバイトのやりがい

スキー場でバイトをするとナイター時間などに交代でスキーをさせてくれる事があります。リフト代も無料にしてくれますのでお金をかけずにスキーをすることができます。一緒に働いている学生たちもスキー部に所属をしているなどスキーが上手な人が多いのでさらにスキーを上達させるのにはいい環境だと思います。
そして冬のスキー場はロマンチックな場所です。彼女や彼氏がいない人にとっては恋人を作るのに格好な場所だと思います。バイト仲間はもちろんインストラクターの生徒たちの中から未来の彼女や彼氏がみつかるかもしれません。

特集記事