冬休みは雪山deバイト!

冬休みバイトの体験談「ホテルのフロント係」編

スキー!スノボ!温泉!冬休みは雪山バイト!

ホテルのフロントで年末年始を実感

雪山でのバイト、それもスキー場の目の前にあるホテルでの仕事といえばリフト係やスキーのインストラクターの仕事を想像される人が多いと思います。しかし「ホテルのフロント係」の仕事を任されてしまうこともあります。今回は冬休みに「タングラム斑尾」というリゾートホテルでフロント係の仕事をした人の体験談を掲載します。

ホテルのフロントのお仕事とは

title

スキーが大好きだったのでリフト係やインストラクターなどのバイトをしたくてスキー場のあるホテルを探し「タングラム斑尾」のバイトに応募しました。しかし私の担当は何と「ホテルのフロント係」でした。ゲレンデで過ごしたかった私としては少し残念な気持ちになりましたが、働く以上頑張って仕事をしようと思いました。
フロント係の仕事はフロントに立ちホテルに宿泊されるお客様の宿泊予約の確認を取ったり、部屋キーの受け渡しをするだけではありません。例えばお客様の荷物をお部屋まで運ぶ仕事もします。スキーやスノボが目的のお客様のお荷物は大きくて重いことが多いので台車に載せて運びます。フロントに隣接している喫茶室の仕事の手伝いもしましたし、毎朝お客様の宿泊する部屋にテレビの番組表をコピーしたものを持って行き前日の物と入れ替えるというお手伝いもしました。お客様のチェックインが済む夕方以降は、忙しい部署のお手伝いに回ります。布団敷きや食事後の片づけや皿洗いもした事もありました。

やりがいはたっぷりある

このようにホテル内のほとんどの仕事を「なんでも屋さん」のようにこなしたせいで、最初はただ大きくて全容がつかめていなかったホテルですが、最終的には自分の庭といったら大げさですが、どこに何があるのかなど把握できるようになりました。フロント係のバイト仲間とはもちろんですが、他の場所で働いている人とも仲良くすることができました。私はクリスマスと年末年始もバイトをしていたのですが、クリスマスの飾りつけのお手伝いをしたり、お正月にはお屠蘇をお客様についだり、餅つきの準備をしたりと季節感満載で思い出に残っています。忙しくて嫌になりそうだと思うかもしれませんが、必要とされて仕事をする事がこれほどやりがいがあって幸せな事だとは思いませんでした。

「タングラム斑尾」のご紹介

私がバイトをしていた「タングラム斑尾」をご紹介します。

大浴場と露天風呂もありますのでスキーを楽しんだ後には汗を流して体を温める事ができます。ペット対応の部屋もありますので愛犬を連れて遊びに来ることもできます。スキー場は目の前にあり初心者から上級者までが楽しめるゲレンデが豊富にそろっています。まだ幼くてゲレンデに出れないお子様も楽しめるようにキッズパークもありますので、家族全員が楽しむ事が可能です。

特集記事